小室.kom.com

小さな日常に潜む怠惰と向き合うために。極端な暇に苛まれたとき、思い出してみてください。Hi there! I'm going to be uploading lots of info and pointless blog here.so If you need to get some rest,check my pages!stay tuned:)

悩み要らず!必殺奥義、安兵衛。恵比寿にて


>>

仕事終わり。年納め。

年明け、月始め、月終わり。

月末、週明け、もはやいつでもいいから年十は行ってほしい話題も通り越してレジェンドの域に到達してしまった餃子が有名なここを紹介するのは恵比寿。

恵比寿駅をガーデンプレイスのある東口でおりて、またおりて、バスロータリーのある入り口の門を開けばカントリーロードのようななだらかな道が割りと短い直線で続いてる。実際は一キロはあると思うが。

ただ無心で、まっすぐ歩き続けて見てほしい。種も仕掛けも一切ない。トリッキーなのは誘惑が多いぐらいでまだまだ未開拓エリアでもある。降りてすぐ右手にはジンディンロウがある。店員のさんのフレンドリーな接客には親しみやすい。

降りていけば、反対側の通りには宝くじ売り場がある。名前は聞きそびれてしまったが、笑顔が素敵な女性がいる。毎日いるとは限らない。しかしその笑顔が見れたことで必ず幸せがその瞬間舞い降りた。幸せは自分で掴みとるものと教わったが、実際は周りの皆が運んでくれるものだと思っている。絶対決まってる。そうに違いない。神様は見てくれてはいるが運んではくれない。そんな笑顔を振り撒く女性は彼女だけではないはず。だが生憎、購入に至ることは今後もないと思う。

そんな一瞬のウキウキの隣にはBurgers maniaが位置する。依然もお話したかもしれない。

何よりもハンバーガーを食べる意味を熟知してる本場の人たちとは一線変わった、日本ならではのハンバーガーを提供している。その反対側には美味しい、安心、しっとり。こんな夢の三拍子を兼ね備えたbarのようなものもある。と、そろそろ右折して少し緩い坂を上ると見えてきたのが安兵衛だ。

と、ここで写真をあげたいところではあるが、改めての写真はもっていないので割愛させていただきたい。例えるならたまたま小腹がすいた時に右ポッケにいつのかわからないカントリーマアムが入っていたような感覚で、私にとって安兵衛さんはそのような存在と認識して、ほしいなと思う所存です。

この日も長蛇の列にロックオンされた獲物のようにひそひそ先輩とならび初めて、、六組近く並んでいたが、意外にもサクッと10

~15分でなかにはいれました。

なので、慌ててとった写真から抜粋しまして、f:id:com11-4k:20191229152809j:imagef:id:com11-4k:20191229153343j:image

カウンターへin!

私が日本のビールで一番好きなものはもちろん一番搾りでつまみは餃子。ビールのお供ならばもはやなんでもいいが、この組み合わせは黄金である。そこ意気投合ポイントその一です。

肝心の餃子の写真はないけど、しめのじゃこ飯といったら、もう。ジュルウウ

派手さも華やかさもないけどとても安心する味です。

f:id:com11-4k:20191229153330j:image

 

間違いなくたゆまぬ努力と笑顔と味で恵比寿の底上げをしてるお店です。(たまに疲れが見える日がありますが。。)何故かって深夜3時近くまでやってるからですかね、早い時間に是非!!

[tabelog:1686794:detail]