小室.kom.com

食べる事とワインが大好きです。毎日の小さな出来事と、ほんの少しの感動をお届けします。極限に暇な時思い出してみてください。Hi there! I'm going to be uploading lots of info and pointless blog here.so If you need to get some rest,check my pages!stay tuned:)

No hamburger No Life


>>

私はハンバーガーが好き。f:id:com11-4k:20190418010928j:image
大好きで、愛してやまない。

誰がなんと言おうが、好きで好きでたまらない。味が分かるほど達者ではない。ましてやなに食ってるかわからないときだってある。正直生まれたときから味蕾は少なかったんかもしれないよね。でも困ったことはない。だから幸せでいられる。

なに食べても、なにしてても、お腹痛い時以外は心も体も満たされてるし、幸せだ。

味に疎いのも相まって、嫌いなものはあまり見当たらない。強いてあげるのであれば、嫌いなものぐらいだと思う。


f:id:com11-4k:20190418012248j:image

何を食べても美味しいと思える。昔も今も私にあれば未来もこの先も奥深い世界には浸かれないだろうし、偉大な料理にただただ、感服する次第でございます。強いて言えばミディアムぐらいが好きだったりする。強いて言えば、焼き加減を聞いてくれるお店がよかったりする。

f:id:com11-4k:20190418011201j:image

思えばハンバーガーの出愛だけで辿れば、幼少期。小学生ぐらいの少年からすれば安くといえばポテトを頬張りつきながらマックなどのハンバーガーを総じて愛していた自分は小学生だった。

マックかモスかケンタッキーだ。関西風はモスはご愛嬌、マクドかケンチキかもしれない。

バーガーマニア 白金店

食べログ バーガーマニア 白金店

f:id:com11-4k:20190418014146j:image

なんといっても組み合わせだと思う。

主張しすぎない、あくまでパテを持ち上げるためのバンズに最高の一夜のためにドレスアップして最高の瞬間を迎えるためのおもてなしに徹するトマト、ベーコン、レタス、様々な仲間たち。踊るパレードはチームメイトと士気を高めてる。いただきます。
f:id:com11-4k:20190418014306j:image

嫌いがないとしてもこれが一番だった。とかあそこの肉よりここんとこの肉は一番好みな焼き加減だった。

なんて普通はあるのかもしれない。

その時の雰囲気とかで全部変わってしまう自分だから好きなハンバーガー屋さんを決めるのは難しいと思う。それに全部好きだし、中々決められないのが世の常だと思った。

だから食べた数も覚えてないし、そんぐらいループしてるだろうし。

f:id:com11-4k:20190418020040j:image

しかし、beerとhamburgerがあればいいと思っていたが、人間の欲求は実に歪ましいものだと思う。ほんの数秒前には決められないと思っていたbeerとhamburgerの組み合わせにはsmokehouseのhamburgerとcraftbeerを是非ともおすすめしたいと思ってる自分がいた。

コロナも素晴らしいけど中々外食の機会が少なくなってきて尚且、たっくさんのお店がごった返してる繁華街などは調べるだけで一苦労ですよね。

正直何が正解かわからないですし、人と自分の味覚、嗜好は違うのにものさしにするどころか、答え合わせするみたいになってて。

だから味云々の質問は愚問ということで、smokehouseはおすすめどす。

SMOKEHOUSE

食べログ SMOKEHOUSE

f:id:com11-4k:20190418020734j:image

でも気軽にサクッと食べれるのもまたhamburgerのいいところで、そういった意味でも量も気軽なお店もいいですよね。

ヘンリーズ バーガー 代官山

食べログ ヘンリーズ バーガー 代官山


f:id:com11-4k:20190418020121j:image

NYCとしての醍醐味はハンバーガーでもある。悩んだとき、困ったとき、嬉しい時、悲しい時、怒った時に、もどかしいとき。まずはハンバーガーでも食べて落ち着きましょうという感じです。ハンバーガーで形成されてるこの街をもう一度見てみたいと思った1日どした。

f:id:com11-4k:20190418020417j:image

もはや写真だけが思い出としてた断片的な記憶の欠片を掘り起こしてもあまりピンと来ない。これが喧しい。大体なんのために写真をとるのか少しでも思い出を振り返りやすくするためのはずだ。

強い思いが滲み出てきた時に一枚、また一枚と記録に残す。はずなのに、どうしたものか思い出せないことも数えきれないほどある。

そんなものなのかもしれない。

趣旨が変わってきてるのかもしれない。
f:id:com11-4k:20190418020549j:image

でも隅っこの方に、あまり綺麗に飾らない写真は覚えている気がする。

造られた美しさよりナチュラルな美しさが最近は身に沁みる。

Home • Bareburger