小室.kom.com

食べる事とワインが大好きです。毎日の小さな出来事と、ほんの少しの感動をお届けします。極限に暇な時思い出してみてください。Hi there! I'm going to be uploading lots of info and pointless blog here.so If you need to get some rest,check my pages!stay tuned:)

“楽しいヒント”自分の時間との向き合い方


>>

3秒で一つだけ考えてください。

f:id:com11-4k:20180128234931j:image

時間をどんな形で何のために使ってきましたか?

こんな突拍子もない質問を唐突に聞かれたり、質疑されたりすれば咄嗟に何を浮かべますか?

3秒です。

思い浮かばないものですよね。どんな形って、、何のためって、、、一つだけって、、、なんて考えてる間に3秒以上経過です。そしたら答えも見つからないまま、曖昧なまま、別の事まで考えてしまいます。一つっていってもたくさん出てきてしまうんです。そうやって気づかない間に「時間」を使って色んな思索を自分でも無意識の間に張り巡らせる。だって仕方ないですよ。今まで培ってきた知識やあらゆる情報もあって、それらを頭に浮かべる「時間」もあるから。そこで「時間って何だろう」と思いました。時間があればわからないことを考えることができて、勉強が出来て、裏を読むこともできるし、質問だってできるし、知ることができる。何でも出来ちゃうけどそれは、「時間」のおかげだったり。「時間」って言葉はよく聞くし実際に使うのに、みんな時間と会ってる話はしない。ましてや、いつも一緒に生活してるし。家族みたいで、それに家族よりも肌身離れず一緒にいるし同じ道を同歩するんだけど、なんだけど、あまり意識しないで生活してることがおおくて多くて。何で「時間があるのか」なんて誰かに聞いたら可笑しいですかね。当たり前になってる事を質問するのって恥ずかしいからですかね。例えだと、

「どうして手は動くの?」みたいな人体的構造じゃなくて、「何で手を動かすの?」って。書きながらいまここでボーッとしてるのも「今日」の今の時間を使っているわけなんですが。それは今皆様と「時間」を共有したくて書いてます。自己欲求を、時間を節約できるツールを使って、意中の思いを全て書き残してます。そして「時間って何だろう」ってまた思いました。日々の喧騒に心を消失しそうになるような毎日。ついつい一番共にする心友な「時間」には甘えてしまいつい罵声をあげたくなる時もあります。心許してしまいたまに「もっと時間が欲しい!」「あってもあっても時間がたりないよ!」なんて言っちゃったりする人がいるのも事実ですし、他人の会話など盗み聞きすると耳にします。本当にその通りですよね。私もそう思わないわけじゃないです。時間足りないよね。って常日頃から思ってます。でも何が皆さん前と比べて時間がないって発言する人が増えたのかなってクエスチョンマークでした。何が違うのかなって分析してたんですが、「時間」とか身近な存在ってよく言うじゃないですか。「大切な存在は離れた時に初めてその大切さに気づく」って。あれっていわば人間特有の【忘れる動物】の習性ですよね。その特殊な生存本能が私達の脳を支配して操作させてるのかなあ。と思いました。だからネットとか本とかメディアでも視覚などを奪うようなデザインとキャッチコピーで「感謝しましょう!!ありがとうって言いましょう!!」みたいな記憶に語りかけるワードで溢れかえっているんでしょう。まあこのようなを事実があって。だから時間について広ーーーーーーーーーーーーーーーーーーい世界で、生きてる中で。流れるものの空間の一部を借用して見ると、何気なく過ごしてみた日も、一生懸命頑張って仕事した日も、誰かに怒って、怒った自分に苛々した日も、飲みすぎて記憶が飛んだ日も、毎日が憂鬱で嫌だなって思ったとしても、その1日は1日です。それが時間と過ごした人の1日です。
「ということで、朝は〜して、昼は〜して夜は〜するのがいいです。」なんて虫のいい話なんて言語道断です。「時間?何をどんな使い方?」って一番は何をどう答えればいいかわからなかったり。「仕事の時はいつも〜。」「仕事の時は〜」って時間との付き合い方を忘れて、作業するだけの動きのない毎日に何をしてるのかわからなくなる。これを何か変化を起こしたくない。面倒臭いっていう欲求だと思います。だからこそ時間ってあってもあっても足りない気がします。面倒臭いって思う人は一度殻破りもいいかもしれません。そしてここでも改めて「時間って大切」って思いました。でもその一方で足りないのも可笑しな事かなと思いました。増えも減りもしないですし、逃げも隠れもしないですし。それを上手に向き合えていないのはその人自身ですし。なんていっても時間も生き物ですもん。私達と一緒に生きていますし。時間だって苛々したり怒ったり笑ったり喜んでたりするんですよ。表面に出さないだけで。だから時間が足りないよ!なんて癇癪おこすより、「何が時間を足りないと思わせるのか」という事を考えてました。人それぞれありますね。効率とか外的要因も大きく占めるかもしれないけど、一番はやはり「欲求」が大きな要因だと思います。欲求こそ諸悪の根源で、いまは欲で溢れかえってます。たくさんの欲と膨大な情報を理性でコントロールすればいいのですが、文明の利器が私達の欲をコントロールしてます。欲が日に日に増大して、満足しては足りないと不満を漏らして、新しいものを買っては、満足いかんくて次々にまた新しいものに手を染める。欲求×時間=奈落への落とし穴です。簡単に言えば美味しいお料理と美味しいワインが合わせたら生臭くなった!なんて感じです。「時間は時に猛威なんだ」って怖くなりました。

欲求と時間は相性がよろしくないんですね。

でも仕方ないです。いまは時間と一緒に「ブログを書きたい!」という欲求と振り子みたいに左右に行ったり来たりしてるんですよ。時間がついてくるんですね。それで追いかけるように欲求がいてはるんですよ。だから時間を使う。欲求と時間とはどう向き合えばいいのか•••とほほ。

さてさて何でそもそも「時間」の事をこんなに捻られながら考えたのかは、

「早起きは三文の得」

を座右の銘と自らを戒め、起きるようになったある日。朝に読書をしたり優雅な朝を迎えると家に少し前に買った

自分の時間

という本を見つけました。

 

 

自分の時間 (単行本)

自分の時間 (単行本)

 

 

 


みなさんも既にお気づきの方も多くいらっしゃると確信しておりますが、私自身が「時間」と上手に付き合えているとは到底言い難い状況です。しかしながら朝活を試みてから、エネルギッシュに生活できてます。「朝の時間って素晴らしい!」って思いました。けど独断です。この記事はこれをすれば幸せになる!と断言は当然しませんしましてや、私の雑記ブログを少なからず見てくれる方のためにくだらないこんな文書を書いて私自身が実践し、ためになった。皆さんにも伝えたい事項を取りまとめたものなので、

「まあこのくらいならやってもいいかな」ぐらいの 勢いで朗読頂ければ幸せです。

  1. いつも起きる時間の1時間〜2時間早く起きる。
  2. 顔を洗い終えたのち、鏡があれば笑顔を見せる。
  3. ラジオ体操第一。とまでは豪語しませんが体を緩やか〜激しく(お好みに合わせまして)動かす。
  4. 言葉に出してポジティブワードをだす!!!※最後は思いの外、重要です。

と、他にも実はまだまだあるのですが今日はこの辺で。

でもこの動作が色づいてくると時間との向き合い方も変わってきます。

それに小さなことにも幸せを感じる様に妄信します。何かお勧めの朝できること!などあれば皆様から享受頂来たいと思いながら。。。是非騙されたと思って試してみてください!騙されます。
 今日の夜はまた積雪の恐れがあるみたいですね。。。

今ニュースでやっていたんですが、

靴の裏に大きめな絆創膏を二枚と、太めの輪ゴムを二重にして巻くと摩擦力がまして転倒防止につながるみたいです!凍ってしまった場所を歩く際には、ダサいかもしれませんが事故につながる前に是非輪ゴムの装着を。

 

いつもご拝読ありがとうございます!!