小室.kom.com

食べる事とワインが大好きです。毎日の小さな出来事と、ほんの少しの感動をお届けします。極限に暇な時思い出してみてください。Hi there! I'm going to be uploading lots of info and pointless blog here.so If you need to get some rest,check my pages!stay tuned:)

バイタリティ溢れる!南アフリカのワイナリー,スターク・コンデ・ワイン


>>

 

f:id:com11-4k:20180121120743p:plain

 

綺麗な山々に囲まれた深緑綺麗な光景です。南アフリカに恋をして南アフリカの写真をただただ、眺める機会が増えてきました。私こそこのような写真に恋い焦がれているにも関わらず、この島国にひっつき虫のように生活し、依然としてガラパゴス諸島の一角のような生活をしています。

小室です。

こんなにも美しい風景を目の当たりにした時は余計な配慮も滑稽な言動だって生まれてこないんですかね。とても心落ち着く一枚です。 

私が死ぬまでに!とは言わないですが、いつか絶対絶対に行きたいと願う国、南アフリカ共和国です。

f:id:com11-4k:20180121122742p:plain 

 

まあしかし、まずはこの素晴らしい国、日本の自然の景観を勉強してから、この心揺すぶられる神々しい土地に行ってみたいです。

 

さて脳内の原点回帰をしますと私は、南アフリカ共和国のワインに惹かれたことのきっかけはWolfgangさんという知り合いが南アフリカのワインを飲ましてくれたことがきっかけでした。そこから次第に興味が湧き上がり、虜になって今に至っております。そんな今晩の夕食は焼き肉です。何が合いますかなとワイン達とにらめっこしながらにやけてます。既存のルールでは既に負けちゃってます。しかしそこで良い「出逢い」があったわけです。

 

スターク・コンデ・ワインズStark-Conde Wines

 

彼に会えたのは今日一番の収穫でした。

Stark-Conde Wines

69 Jonkershoek Rd, Mostertsdrift, Stellenbosch, 7600, South Africa

+27 21 861 7700

https://goo.gl/maps/bk8x1xw7LMz

 

位置は今や大注目のケープ州のWest Side

のステレンボッシュ(Stellenbosch)で作られてます。

 

こちらの醸造家

のホセ・コンデさんは
南アフリカワインのトップワイナリーでもあるニールエリスにもカベルネソーヴィニョンの葡萄の供給をしています。
f:id:com11-4k:20180121130254p:plain

 

ニールエリスのワインは

 

ワインブティックヴァンヴァン

  • ニール・エリスカベルネ・ソーヴィニョン2006南アフリカボルドーワインに近いイメージの赤ワインエレガントで繊細で優雅、しかも力強い!10P15Jan10
 

エレガントで優雅で繊細なワンランク上の赤ワイン!

f:id:com11-4k:20180121131029p:plain

【南アフリカ】【赤ワイン】ニール・エリス カベルネ・ソーヴィニョン 2010 
[フルボディー]

楽天から。
 

そしてホセ・コンデさんが供給していた葡萄、カベルネソーヴィニョンを自身が手掛けてワイナリーを立ち上げました。その後わずか一年で、ワインショーで受賞し、一躍南アフリカのトップカベルネに。

 

その後2009年にはNYtimes紙でカベルネソーヴィニョンtop10のうちの一点に選ばれる快挙。目が離せません。それが

 

スターク・コンデ・ワインズStark-Conde Wines

 

なんですね。

基本的に私は人にあげるワインは飲んだことのあるワインを、自身が飲むワインを買うときは、直感で買うんです。ですので買った後に調べて知ったので、この日は

シラー(Syrah)を購入しました。

 

f:id:com11-4k:20180121131645j:plain

 

南アフリカ✖️シラーが焼き肉と合うのかなって疑問からシラーを探した甲斐がありました。

どこまでも深淵な深いまるで見たこともないような宝石のような輝きをした色調。

グラスに注いだ時には香りが広がります。

 

飲むと驚く様に力強さも勿論だが、しなやかで妖艶なワインである。

まるでジャンヌダルクのような彼女に思わず嗟歎してしまうほどに。

 

そうお伝えしたように夕食は焼き肉。それに細かな色んないろをだしてくれて、豪華な一夜を飾ってくれました。

 

ホームページになってます!

http://www.stark-conde.co.za

 

こんな素敵な出逢いがワインを開けるたびにあるものだから感動の連続です。

皆様も最高のワインライフを:)