小室.kom.com

食べる事とワインが大好きです。毎日の小さな出来事と、ほんの少しの感動をお届けします。極限に暇な時思い出してみてください。Hi there! I'm going to be uploading lots of info and pointless blog here.so If you need to get some rest,check my pages!stay tuned:)

ビオ?bio?オーガニック?organic?


>>

エスト!エスト!エスト!!

 

おはようございます!

いや、もう

昼だ!昼だ!

そして

 

師走ですね。

この寒くなってくる時期はどうしても美味しいジビエが食べたくなるものであります:)

 

野鳥、鹿、猪、、最近だと熊など出すレストランもあるので驚きです。

 

f:id:com11-4k:20171201104017j:image

 ちなみに写真は猪のバローロ(北イタリア、ピエモンテ、バローロ地区で作られる赤ワイン)煮込み!

を一枚ポチり。

 

見た目の硬そうなイメージとは裏腹に、めっちゃくちゃ柔らかい。

頰肉!

美味しい。。。。

 

さてさて昨今だとこのような食べ物、飲み物などの存在定義、在り方が更に問題視されるようなりました。

 

先進国でもとても食材廃棄に対する責任の重み

オーガニックに馴染みがないのは日本がトップなんでしょう。

私がまだ変えてるわけではないですが、

 

美食の街と言われる背景の裏には

やまないロスがあったりするんですね。

 

 

ビオってご存知ですか?

 

ビオは

フランス語の

Biologique

または

イタリア語ですと

Biologico

の頭文字でとった

 

Bioからきております。

 

英語だと馴染み深い

オーガニックですね。(イタリアの先生に聞きました。)

 

しかしこれが

ビオディナミ

になると

話が変わってきますね。

詳しくはまた今度お伝えいたします。

 

 

皆様も人工的な手を加えず自然なものもいいかもしれません。

良き1日を。