小室.kom.com

食べる事とワインが大好きです。毎日の小さな出来事と、ほんの少しの感動をお届けします。極限に暇な時思い出してみてください。Hi there! I'm going to be uploading lots of info and pointless blog here.so If you need to get some rest,check my pages!stay tuned:)

好きだけじゃ自慰好意と変わらない


>>

「〜いけば私の行きつけのお店があって、店長と知り合いだから紹介しておくね。」

「今なら〜にある〜がオススメだよ!」 

「〜食べたいなら〜の〜がオススメだよ。」

 

こんな感じでみんなに少しでもいいお店を紹介していってまた1人2人、4人、8人ってどんどん広まっていって、いいお店だけが残っていってって、評判が反映されるのが一番いいことですね。

でも中には、探し求めたお店を見つけた時、「いやあ、やっときたなこれ!私が求めてた店だ!」とガッツポーズして、紹介したいという思いを蚊帳の外に投げ出して隠伏したくなる人は、利己主義の自制なのですかね。

 私は思いません。反対です。

お店はお客さんのために。お客さんが満足いくお店に。それはお客さんありきの商売だから。

 

お店の事好きでも自分だけの力じゃどーにもなんないでしょ。

「好きな〜」って自然と相手の事を思う、思いやりでできていると思います。

それはもちろん、会員制とか一見様御断りなどしっぽりやられてるお店だってありますよ。もしそんなお店なのだとすればそれは「好き」だから、ツイッターとかフェイスブックみたいなSNSで拡散するような事はしなくても、お店を思う度合いで対応も変えればいいと思うのです。例えば、好きな人とか、恋人とかに「あなたの事大切に思ってるのでメディアにお金はらって私、〇〇〇〇は□□□□の事を愛してます!ってフジテレビに流してもらいよ!」まあこれはないでしょうが、わざわざ好きな人に嫌がる事はしないですよね。

 

 

え?しますか?まあそんな両極端の意見をふたつもつ支離滅裂な変わり者はAB型です。

 

要は好きな人、物、場所全ていつまでもあるわけじゃないですし大切にしないといけないと思いまshow.