小室.kom.com

食べる事とワインが大好きです。毎日の小さな出来事と、ほんの少しの感動をお届けします。極限に暇な時思い出してみてください。Hi there! I'm going to be uploading lots of info and pointless blog here.so If you need to get some rest,check my pages!stay tuned:)

独り言

進級、令和二年生

新年明けましておめでとうございます。 前年もたくさん皆様にお世話になりました。なかなか過去を振り替える機会を自ら与えない人生を送って参りましたが、年末に振り替えるべき行いを新年に取り戻すべく、考えてみる人生をまぁ無しかもしれないですが、駄目…

似合ってるねって手をふって

ばいばーい! って手を振って別れた連れの背中に目をやって、小さくなる影をみて。まさかそれが最後になるなんて一体誰が想像したものか。今日の晩御飯はなんだろうって他愛もないことを考えていたあの思春期の夏は美化した思い出。(決して亡くなってしまっ…

dysonなめてた三秒前

きっと、この地球上には私達が知らない世界がたくさんあって、身近な幸せを噛み締める時間が人間味がなくなった生活をすればするほど価値とともに薄れていく気がします。 そもそも人間味の定義はなんぞや?なんて質問あげるなら、端からこんな愚問は浮かばな…

TVに収録された直後

の都内、某区の銭湯の反響は賞賛の嵐におぞましいぐらいの人間の天使と悪魔が移り替りで交じり、血と汗と涙と渇望と食欲と性への興味とか全てが結晶になって現れててとても人間味あってよかった。 なんかながったらしく話すのが私の性なのか、対して言葉も知…

この歳になって始めたこと

「この歳になると少しずつガタが出てくるよー。」 こんなことを言われてたのが遥か昔に感じる。しかし、かれこれ六年も前になる。頭皮は油っぽくなるし、ビール腹は膨れ上がってくるし、疲れやすくなったり、肩こり、腰痛、あー。 いまになると判る。苦労な…

相方はTonyとJacson

眠らない街。ここ恵比寿 から発信するブラック三兄弟。 Tony とOzzie、Jacson。 西口をでてえびす像求めて歩き続けて、駒沢通りにぶつかれば山手線の線路下をくぐってひとつめの信号を曲がる。 そのすぐそこには、Tamaniwa が点在する。 小さな入り口には深…

自分の扉の鍵に合鍵はない ~ Third door ~

そう教えてくれたのがこちらの本。 アレックスバナヤンという、イラクからヌクレオチドに移住した家族の長男に生まれた、彼の大学一年生から現在に至るまでの人生談義になっている。自分の人生での使命や体験などを通して、一人一人の人生観を巧く、紐解いて…

半世紀の半世紀を生きてみて思ったこと

おはようございます。こんにちは。こんばんわ。快晴、曇天、豪雨、雷雨、突風。早朝、真っ昼間、真夜中から失礼します。 残り時間はおよそ30分で半世紀の半世紀の始まりの一日の終焉を迎える、大きな地球の小さな島国、その小さな島国からさらに小さな47都道…

素敵なお便りに言葉を再確認

何気なくポストに入っていた、まあそれはそれは達筆な字で筆がかれた住所に私の宛名。 私宛の手紙だと心得た。もちろん、心当たりがないわけではない。とある日に住所の確認のLINEが来た友人がいたからだ。まあどちらかというと、彼からの連絡はいつも嬉しい…

※番外編※二つ目の十字路を右に曲がった街角のIPA

熱波は続くーよー。どーこまーでーもー。 まあ、いつもこんな絶好調。何て思いながら対して考えてもないし、無論、考えがまとまるどころか思い付いたことを突拍子もなく踏み込んで地雷踏んで、お陀仏タイプの16分の1が私ですね。 カウントダウンが始まった…

La Spinetta  つーづき

車内では剱持さんの色々な人生観についてお話を聞くことができて、本当に過去も現在も未来なんて後先も考えずに夢中に話を聞けて、良い意味でも悪い意味でも肩肘張らず自然に笑えた事がすごく楽しかったんですね。 普段は仕事を楽しんでます。未来を考えれば…

北イタリアの革新はCERETTO

笑顔になれない裏の背景には必ず体調不良がついている。彼らと対等に仲良くなるには時差ぼけや水問題、を片っ端から処理していかないといけない。あぁ面倒だ。けど、そんなことも忘れるぐらいの景色が目に飛び込んできたの。 だんだんに連なったブドウ畑では…

イタリアの宝庫~Citta in Alba~

独りの朝はなにかと忙しい。 まあ元々、計画的ではないし付録のおまけみたいに心配性な性格を兼ね備えてると頭に思い描いてる旅の通りにはいかないのでドンガラガッシャン。となりたくないからとりあえず、朝イチの朝食をすましてホテルを発つ。 ミラノの街…

イタリアでの備忘録 ~そのいち~

やっぱりまず考えられないが一つ忘れないように書いておきたいのだが、日本ではまず、挨拶をするときに軽い会釈とともに、お辞儀をしたりする。恥じらいの文化と教わってきた日本ではきっと一番スマートなのかと考えている。 一方で、ヨーロッパ?少なからず…

じゃあミラノは何日にしてならず?

まあ1日目は初体験という言葉で丸め込んでしまえば、まあ良くも聞こえたものだが実際には気合いと、熱量を推し測って体のスケジュールを無視して現地のスタイルにこじつけるというまあ計画性ゼロな私らしいスタートを切れたことにまずまず好調だと思ってい…

空港での虚無感

不安に不安を重ねて二時間前の空港着でさえも不安を拭えず、二時間半前に到着した2019.07/21 運のつきなのか飛行機は三十分は遅延しているみたい。 備えがありすぎたら憂いは愛想をつかしてしまうみたい、世も末ですな。まあ、こんな感じで慣れない飛行機に…

ちっちっちっちっちっちっちっちっちっちっちっちっちっちっ

50tempo きん、かん、カン、カン、きん、カン、かん、カン、きん、カン、カン、かん、きん、カン、カン、カン、きん、かん、かん、かん。 ワン(パンッ)ツースリーフォーワン(パンッ)ツースリーフォーワン(パンッ)ツースリーフォーワン(パンッ)ツースリーフォ…

費やした一時間は寝起きの悪さで消えていた。

新潟県のきくいものスープ 濃厚 グリーンオリーブのマドレーヌ 塩気のアクセント 滑らかなきくいもには 少し渇いたアクセントが抜群。 オマール海老でつくるフラン 松葉がにのマリネ カリフラワーのエスプーマ この層も口で広がる全ても最高 栗の花の蜂蜜 フ…

年がら年中の見栄っ張り

先ず、最初に伝えておきたい。今回は自分の体験談でも何でもない。しかしよくありがちな光景だなあと思ってここにたってるんだが、誰かに何か明確に伝えたいことがあるわけでもない。しかし書きたい欲求に駆られて今に至っている。遅れ自分が見栄っ張りでな…

2年間分の歯医者を2ヶ月間に凝縮。

終了。 今日で最後の親知らずも退治してもらって今回で本当の本当に最後の親知らずだ。 三本の親不孝ものを葬ってようやく親への隠し事もなくなってこれで晴れて、親への感謝を体現できるようにもなった。 ありがとう、親知らず。 三度目の正直という諺には…

存在意義の価値は衰退していってるのか。

30度。 今日の東京の最高気温は30度圏内に突入したみたい。昨今では北海道ですら、37度なんて異例な数値を叩き出してる。日本でトップに入ってくる群馬などを差し置いてだから未来は何が起こるかはわからない。しかし、皆口を揃えて言うのは「やっぱり地球温…

本質を見失いがいな読書ライフ

今世間を賑わしてる中に間違いなく入ってくるのはAmazonだと思ってたのは少し前で、この少し前にトレンドとしては多方面から注目も集めていたが、情報も溢れ返り、次第に落ち着き、何ヵ月か前に読んでいた本の内容は必然的で常識というのが世間一般に定着し…

そうだ、徳光さんだった。

家族、友達、顔見知り、有名人、芸能人、先生、担当の美容師さん、行きつけのお店の店員さん、電車で居合わせた人。 そこらじゅうで名前が飛び交ってるのは至極当然だけど、今まで話してきた人の顔と声と名前と話したこともない人も含めた、声と顔と名前が一…

タイムカプセルな日記

6月6日にUFOがあっち行ってこっち行って落っこちての日だね← 冷静に朝見てたりできるけど、夜には見れないですよね。あれ?私だけであうか?であれば私は二重人格に気づきました。ありがとうございます。しかし迎え梅雨ですね。いい御湿りです。まだブログを…

原型はリゾットアッラミラネーゼの巻

突然ですが、なんて冒頭に申し伝えれば身構えてからその次に来る文字に腰を構えてみたり、意識しますよね。 だから突然ですが、なんていうのは今回はやめてみます。 でもはじめに「突然ですが、」についての説明をしたことによって、きっと心底暇なのか屁理屈…

マンション特有の問題点そのに~共有スペース~

実に人は飽き性である。 人間だけに限らないかもしれないし、ましてやこの∞に広がる銀河系。ちっぽけな小さな地球のその小さな生態系のなかの動物界では、上にたくさんの猛者がいるかもしれないが、それは別世界。私の知っているホモサピエンスであり、二足…

マンション特有の問題点その1~人間関係~

生きてると、生活していると絶えず付きまとう問題のうちのひとつが「人間関係」。 小さな問題から、大きな問題まで様々ですが、ストレスの大きな要因だと思ってます。電車内でのトラブルだったりとか隣人関係。発展して事件だったり、無差別だったり。理由がな…

丸だって台形だって星だって型に戻っていく。

近頃流行りの女の子~。おしりの小さな女の子~,,,。 テレビでみたあの、破廉恥で、過激で、きっとエッチなお姉さんなんだろうな~とか露出が高い服を着て常に歩き歌いまわってるんじゃないかって妄想して、夢を膨らませながら回想していたあの曲は、今は聞…

飲食店だけに限らないけど。

昔のフレンチとかイタリアンは詳しく知らなくて、おとぎ話みたいな卓上の空論でしかお話はできないけど、浮かぶのはコテコテのイメージ。メインには脂ののった肉に濃厚なジュのソース。 軽めの前菜にメインを食べれば、心もそれ以上にお腹はたっぷり。満腹中…

~進撃のトリトン~遅延した認識

今日はなに食べよう。魚食べたい気分だなあ。 こんなこと考えれば、「ランチ 魚 都内 美味しい」語彙力はいらない。大雑把なキーワードを基に今の僕の食べたい最適な食べ物のヒントを提示してくれるのが、この今の世界、今の科学っていうのを振り替えるのは愚…